太陽光発電と全量買取

太陽光発電と全量買取について調べてみましょう

全量買取に必要な費用

a0002_005119
太陽光発電を導入する事によって得られるメリットは色々ありますが、太陽光発電によって利益を得る事が出来る売電制度は非常に重要なメリットとして注目されています。

太陽光発電の売電制度は全量買取と余剰買取のどちらかを選択する事が出来るのですが、全量買取は太陽光発電の規模がある程度大きくなければ利用する事が出来ないので、ほとんどの方は余剰買取で売電を行なう事になるそうです。

もし仮に全量買取に必要な太陽光発電システムを設置する事が出来るような広さの土地を持っていた場合システムを一通り構築するのにどれだけの費用が必要になるのでしょうか。

太陽光発電システムの価格は昔に比べれば安くなってきてはいますが、それでも1kwあたりのシステムの構築費は55万円ほど掛かるといわれています。

全量買取を利用できる太陽光発電システムの規模は10kw発電する事が出来れば十分らしいので、単純計算で10倍の費用が掛かる事になります。

それに加えて全量買取にした場合年毎に定期健診を行なう必要があり、その分の費用も掛かるので費用は平均的な家庭用太陽光発電システムの構築費とは比べ物にならないほど必要になることでしょう。

なので全量買取をしたいという方は予算に十分に余裕があるかどうかよく確認しておきましょう。