太陽光発電と全量買取

太陽光発電と全量買取について調べてみましょう

全量買取と売電価格の変動

a0002_005119

近年世界中で両者が増加している太陽光発電システムですが、もちろん日本でも多くの人が太陽光発電システムを導入しています。

そんな太陽光発電システムを語る上で外せないのが売電制度という太陽光発電によって利益を得る事が出来る制度で、日本では設置した発電システムの規模に応じて全量買取制度化余剰買取制度のどちらかを選ぶ事が出来ます。

全量買取と余剰買取の違いは発電した電力を全て売却する事が出来るかどうかが最大の違いですが、それと共に売電価格の固定期間にも違いが表れます。

売電制度によって売却することの出来る電気の買取価格は固定制度を採用しており、太陽光発電システムを導入した年二指定されている買取価格を基準値として、指定された固定期間の間はずっとその買取価格で売電を行なう事が出来ます。

全量買取制度にした場合固定期間は20年と定められており、余剰買取の10年よりも長い間買取価格を固定する事が出来ます。

最近は売電価格が年々下がってくると予想されているので、恐らく全量買取にしたほうがより多くの利益を生み出す事が出来るでしょう。

その代わり全量買取制度を利用するには厳しい条件をクリアしなければいけなかったり、維持費が多く価格などのデメリットもあるので注意しましょう。