太陽光発電と全量買取

太陽光発電と全量買取について調べてみましょう

一般家庭で全量買取は出来る?

a0002_005119

太陽光発電は普段の生活で使用する電力を作り出すだけでなく、普段使用しない電力をそのまま電力会社に売却する事が出来るといいます。

この制度は売電制度といわれており、全量買取と余剰買取の2種類からどちらを実行するか選択する事になるそうですが、最近は一般家庭で全量買取を行うにはどうすれば良いのか調べる方が増えてきているそうです。

しかし全量買取はそもそも企業用に設定されていた精度なので、一般家庭で全量買取を行うにはかなり大きなハードルを突破しなければ利用する事が出来ません。ほとんどの場合は条件をクリアできないので初めからそのつもりでいたほうが良いかもしれません。

全量買取を行ないたい場合はまず多くの発電量を確保する必要があります。その発電量は10kwと設定されており、日本で利用されている一般的な太陽光発電システムではまず突破できない数値といわれています。

この発電量をマークするには多くの発電量を確保する事が出来るだけのソーラーパネルを設置する予算と土地が必要になってくるので、金銭的余裕が無い人にはまず行えませんし、維持費も馬鹿にならないので一般家庭向けの太陽光発電システムを購入する際は無理して全量買取を選ばないほうが良いでしょう。