太陽光発電と全量買取

太陽光発電と全量買取について調べてみましょう

個人で全量買取を行う際の欠点

a0002_005119

太陽光発電は再生可能エネルギーを用いた発電法の中でも比較的安く導入する事が出来ることから多くの方が利用しています。

そんな太陽光発電システムに関係する制度の中でも特に重要な制度といわれているのが売電制度で、太陽光発電で得た電気を電力会社に売却する事によって利益を得る事が出来るそうです。

多くの方は余剰買取と呼ばれる太陽光発電で得た電力から普段の生活で使用した電力を差し引いた電力を売却する制度を利用していますが、一部の人は太陽光発電によって得た電気全てを売却する事が出来る全量買取を利用しています。

もちろん全量買取のほうが売電による利益は大きいのですが、全量買取を個人で行うのは中々大変なので注意が必要です。

全量買取を個人で行う際まずネックとなるのが初期費用です。

全量買取はそもそも大きな発電システムを設置する事が出来る企業向けの制度なので、全量買取を行える条件を満たす発電システムを個人で構築しようとするとかなりの費用が必要になります。

更に全量買取を行なう場合年に一度定期的に検査を受けなければならないのでその費用を用意するために維持費を多く用意しなければならなかったりもするので、こうした欠点をしっかり把握した上で全量買取を利用するかどうか決めるようにしてください。