太陽光発電と全量買取

太陽光発電と全量買取について調べてみましょう

余剰買取と全量買取どちらが得か

太陽光発電システムは将来のエネルギー不足を解決してくれる手段として大いに注目が集まっていますが、現在は太陽光発電によって得る事が出来る利益にも大きく注目が集まっています。

売電制度もそんな利益を提供してくれる制度の一つで、太陽光発電システムの規模に応じて全量買取豊三買取のどちらかを選ぶ事が出来ます。

果たして個人で太陽光発電システムを導入する場合全量買取と余剰買取のどちらを選んだほうがより多くの利益を得る事が出来るのでしょうか。

全量買取と余剰買取の違いは色々ありますが、全量買取のほうが太陽光発電で得た電力全てを売る事が出来る分単純に余剰買取よりも多くの利益を上げる事が出来ます。

その代わり全量買取は発電システムの規模をかなり大きくしなければ利用できる条件を満たす事が出来ないためほとんどの方は利用する事が出来ませんし、全量買取を利用する事が出来ても発電した電力は全て売却しなければならないので、自分で太陽光で得た電力を使えなかったり、毎年の検査が義務付けられているため余剰買取よりも維持費が掛かるなど色々なデメリットもあるので太陽光発電システムを導入する際全量買取を利用できるとわかった時はどちらを導入するかよく考えた上で決定するようにしましょう。