太陽光発電と全量買取

太陽光発電と全量買取について調べてみましょう

全量買取を行える条件

a0002_005119

太陽光発電システムは環境に優しく発電が出来るということで多くの人から利用されていますが、太陽光発電システムには色々な制度があり、その内の一つに全量制度と呼ばれるものがあります。

この制度は太陽光発電によって得た電力を全て電力会社にまとめて売却する事が出来るという制度で、余剰買取制度よりも多くの利益を生み出してくれることから多くの人が全量買取を希望しているそうですが、全量買取を行うにはいくつか条件があるので注意が必要です。

太陽降雨発電システムによる全量買取を行うには太陽光発電システムの規模が非常に重要です。

全量買取を行うにはまず太陽光発電システムを10kwを発電する事が出来るような規模で構築しなければならず、一般家庭向けの太陽光発電システムでそこまでの発電量を確保するには畳60畳ほどのスペースが必要なので、ほとんどの家庭ではそこまでのスペースを確保する事が出来ないでしょう。

しかし中には搭載するパネルの形状などを工夫したりすることでギリギリ10kwの発電量を確保する事が出来るになった人もいるそうなので、自分もそういう人になれるかどうか実際に工事を行う前に販売店のスタッフと相談してみて全量買取を行うかどうか決めましょう。