太陽光発電と全量買取

太陽光発電と全量買取について調べてみましょう

全量買取と固定期間

a0002_005119

太陽光発電システムを導入することで収入を得る事が出来るというのは皆さんご存知でしょうか。

太陽光発電を導入すると、そこから発電した電力を電力会社に売却することで利益を得る事が出来る売電制度を利用する事が出来るようになるのですが、この時得られる利益は太陽光発電システムの規模によって大きく変動します。

売電によって得られる利益を上げるには全量買取制度と呼ばれる売電方法が一番多くの利益を上げられるそうなので、太陽光発電を導入する際は全量買取制度を利用する事が出来るかどうか確かめてみてください。

太陽光発電の売電制度は全量買取を選択することで大きく利益を上げる事が出来ます。全量買取は太陽光発電で得た電力を全て売却する事が出来るようになるのですが、それと共に全量買取を選択した場合売電価格をより長い間固定する事が出来るのだそうです。

極普通の家庭が利用する売電制度である余剰買取の場合だと売電価格の固定期間は10年間なのに対して全量買取は倍の20年間固定する事が出来るので、これから段階的な値下げが予定されている売電価格を現在の高額設定のまま固定し続ける事が出来ます。

恐らく再び売電価格が上昇することは無いだろうと予想されているので、大きく利益を得る事が出来るうちに太陽光発電を導入しましょう。