太陽光発電と全量買取

太陽光発電と全量買取について調べてみましょう

全量買取と余剰買取

a0002_005119

太陽光発電システムは誰もが知っている再生可能エネルギーを用いた発電システムで、現在も多くの方が利用しています。

そんな太陽光発電システムで得た電力はそのまま普段の生活で利用する以外にも電力会社に売却して収益を得る事が出来る売電制度を利用して売却する事が出来るので、積極的に利用したいところです。

太陽光発電の売電制度は全量買取と余剰買取のどちらかを利用する事になりますが、この二つにはどんな違いがあるのでしょうか。

太陽光発電システムの売電制度には全量買取と余剰買取に2種類がありますが、全量買取は様々な条件をクリアしないと利用する事が出来ないので、大抵の人は余剰買取を利用する事になります。

全量買取を行うには太陽光発電システムの発電量が10kwを越えていなければならないので、それだけの発電量を確保する事が出来る分のソーラーパネルを搭載する事が出来る屋根や土地のスペースを確保する事ができないという方はまず全量買取を行なうことは出来ません。とはいっても余剰買取で確保する事が出来る利益も決して少ないものではありませんし、全量買取と違って普段の生活で発電した電力を利用することも出来るので全量買取が行えないからといってもそれほど悲観する必要はありません。